Author Archives: admin

【静岡大学現代教育研究所】教育学部 藤井基貴 研究室「大学SDGs Action! Award 2021」のファイナリストに選出 -現在、ウェブサイトでオーディエンス投票中-

2021/03/04

【静岡大学現代教育研究所】教育学部 藤井基貴 研究室「大学SDGs Action! Award 2021」のファイナリストに選出 -現在、ウェブサイトでオーディエンス投票中-

教育学部 藤井基貴研究室の取組が「大学SDGs Action! Award 2021」(主催:朝日新聞社)のファイナリストに選出されました。
現在、以下のウェブサイトで企画アイデアの動画を配信し、オーディエンス投票をしています。(投票期限:3月5日(金)正午

【大学SDGsACTION! AWARDS 2021 最終選考会(オンライン) オーディエンス投票】
http://www.asahi.com/sdgs/article/other_00011/

詳しくはこちら♪

【土木情報学研究所】「キックオフオンラインミーティング」開催のお知らせ(開催日:2021/2/4)【終了しました】

2021/02/04

土木情報学研究所「キックオフオンラインミーティング」開催のお知らせ

2020年10月に設立しました土木情報学研究所について、下記の要領で「キックオフオンラインミーティング」を開催いたします。

開催日時:令和3年2月4日(木)13:30~15:00

Zoomにて開催します。

詳しくはこちら♪

【対話・コミュニティ共創デザイン研究所】静岡市在宅医療市民公開講座(オーガナイザー・竹之内裕文教授)のご案内(開催日:2021.3.6)

2021/01/20

対話・コミュニティ共創デザイン研究所の竹之内裕文所長が『静岡市在宅医療市民公開講座』を下記のとおり開催いたします。

講座内容:『対話を通して、「人生の終わり方」について考える』

日時:令和3年3月6日(土)15:00~17:30(開場14:00)

会場:カーニープレイス清水6階(静岡市清水区江尻東1丁目1-5)

オンライン(ZOOM)参加もできます。

※参加をご希望の方は、下記の ”詳しくはこちら♪” からお申込みください。

詳しくはこちら♪

【静岡大学現代教育研究所】「1.17防災未来賞」(ぼうさい甲子園)で藤井基貴研究室が『ぼうさい大賞』を受賞しました

2021/01/20

静岡大学現代教育研究所 藤井基貴所長の研究室が、優れた防災教育とその活動を行う学校や団体を表彰する兵庫県等主催「1.17防災未来賞」(ぼうさい甲子園)において、全国144校・団体の応募の中から「ぼうさい大賞」を受賞しました。

詳しくはこちら♪

【土木情報学研究所】「高精度衛星測位を活用した地すべりモニタリング」の実証実験が静岡新聞に掲載!

2021/01/19

【土木情報学研究所】「高精度衛星測位を活用した地すべりモニタリング」の実証実験が静岡新聞に掲載!

木谷友哉准教授と宇佐美拓真さん(情報科学科4年)が取り組む,高精度衛星測位を用いた地すべりモニタリングの実証実験が、2021年1月12日付けの静岡新聞朝刊1面に掲載されました。

★静岡新聞1月12日朝刊1面
「地滑り前兆、衛星使いキャッチ 天竜区で変動観測 静大准教授と浜松市が実験」
新聞記事および詳細はこちら♪
※静岡新聞のウェブ記事こちら♪

【ケア情報学研究所】AIを活用して健康長寿のまちづくり 加賀市と連携協定

2020/11/11

【ケア情報学研究所】AIを活用して健康長寿のまちづくり 加賀市と連携協定

静岡大学ケア情報学研究所及び一般社団法人みんなの認知症情報学会は、11月6日、自立共生支援AIを活用した健康長寿のまちづくりに関する連携協定を加賀市と締結しました。
自立共生支援AIを活用した認知症ケアの向上やフレイル予防等に関し、相互の資源の活用及び緊密な連携と協力を行うとともに、教育・研究の推進、研究成果の展開及び社会実装を進めることにより、心身の健康と生活の質を高め、健康長寿に資するまちづくりを推進することが協定の目的です。

加賀市役所で行われた締結式には、宮元陸市長と木村雅和理事、みんなの認知症情報学会竹林洋一代表理事(創造科学技術大学院・特任教授)が出席しました。

また、石井潔学長から、「加賀市の先進的な取り組みと大学の研究者集団としてのAI活用の実績とを結合するベストミックスが成立したことは、未来の日本社会の向かうべき方向性を示すことにもつながりうる、極めて大きな社会的意義をもつ協定となります。急速に進む社会の高齢化に対応するために今何が必要なのかを明らかにしていく上での重要な一歩になります。」とビデオメッセージで喜びを伝えました。

静岡大学ケア情報学研究所は、2020年2月から、AIを活用した健康増進やケア向上などに取り組む調査研究プロジェクトを加賀市、みんなの認知症情報学会との協同事業で実施しています。
今後、静岡県内でもAIを活用し、データに基づく心身の健康増進やケアに関する研究及び取組を目指しています。

詳しくはこちら

【プレスリリース】【ティーサイエンス研究所】日本茶の機能性成分含量を大量のDNAから予測し、新品種の開発へ ~品種改良の期間短縮と省力化、多様なニーズへの対応が可能に~

2020/10/16

【プレスリリース/記者説明会のご案内】日本茶の機能性成分含量を大量のDNAから予測し、新品種の開発へ ~品種改良の期間短縮と省力化、多様なニーズへの対応が可能に~

静岡大学学術院農学領域の森田 明雄教授一家 崇志(いっか たかし)准教授らのグループは、静岡県の基幹作物の一つである日本茶の機能性成分含量を大量のDNA情報 から予測することに世界で初めて成功しました。
これにより、品種改良に要する時間短縮と省力化、多様なニーズに即応した新品種の育成が可能となります。また、国際的に注目を集める日本茶に新たな付加価値を加えることにより、消費・輸出の拡大なども期待されます。
つきましては、下記の日時で説明会を開催しますので、取材方よろしくお願いいたします。
なお、本研究成果は2020年10月15日 (ロンドン時間) に、国際科学誌「Scientific Reports」(オンライン版) に掲載されます。

日時: 令和2年 10 月 23 日(金) 10 時 30 分から
場所: 静岡県庁東館 10 階 社会部記者室
説明者: 静岡大学 農学部 准教授 一家 崇志

くわしくはこちら

 

【プレスリリース】【ケア情報学研究所】AIを活用した健康長寿まちづくりでケア情報学研究所と加賀市が協定締結へ(開催日:2020/10/16) 

2020/10/16

【プレスリリース】AIを活用した健康長寿まちづくりでケア情報学研究所と加賀市が協定締結へ 静岡県での展開を目指し、副市長の来訪日に記者説明会を開催します

 静岡大学ケア情報学研究所は、11月6日、自立共生支援AIを活用した健康長寿のまちづくりに関する連携協定を加賀市と締結します。これに先立ち、10月16日、加賀市副市長が静岡大学に来訪し、石井潔学長と会談を行います。
静岡大学ケア情報学研究所は、2020年2月から、AIを活用した健康増進やケア向上などに取り組む調査研究プロジェクトを加賀市、みんなの認知症情報学会との協同事業で実施しています。今後、静岡県内でもAIを活用し、データに基づく心身の健康増進やケアに関する研究及び取組を目指していることから、下記の日時で研究内容やプロジェクトに関する記者説明会を実施します。

日時:2020年10月16日(金)16時~17時
場所:静岡大学 静岡キャンパス事務局棟4階 学長応接室

くわしくはこちら